Team slow Life

自分の悩みや経験談も交えながら美容・健康情報を紹介していきます。

脳に効く!ココナッツオイルがアルツハイマー・認知症に効くその理由!

Advertisement

http://www.flickr.com/photos/26480501@N06/2961565820

photo by dierk schaefer

みなさん、こんなコトってありませんか?

「あれ?昨日食べたものが思い出せない」、友達との会話の途中で、人の名前が思い出せなくなったり、芸能人の名前が出てこなくなったりする。

こんな心当たりありませんか?

もしかしたら・・・、そう、もしかしたら認知症の可能性も。

そこで、今回は認知症やアルツハイマーにも効く!と言われるココナッツオイルのご紹介ですー。

 

自分が認知症・アルツハイマーかどうか見つめ直してみませんか?

 

 

 

 Twitterでちょっと探しただけでも・・・沢山の方が物忘れが多いことを話しています。さて、あなたはどうですかー?

 

アルツハイマーに劇的効果をもたらすココナッツオイル

http://www.flickr.com/photos/9246286@N08/7995365215

photo by myheimu

 

とあるブログがあります。

忘れてしまわないうちに~若年性アルツハイマーになった夫の記録~ブログ

http://17nobi.blog41.fc2.com/blog-entry-616.html

この記事のコメントにこんな内容があったので引用させていただきます。

ココナッツオイルの効用
はじめまして、私は日本国外に住んでいる敬子です。ご主人の介護頑張っておられるますね! 時にはご自身も精神ともどもくたくたになることもあると思います。私はココナッツオイルの効用をアメリカ人のサイトで読み今ではかなり使いまくっている者です。特に惹かれたのは我々の脳に刺激を与えアルツハイマーのために何も出来なくなったご主人(生活のごく普通のこと服を着たり脱いだりトイレに行ったり)がアメリカ人のドクターの勧めでココナッツオイルを一日ティースプーン2-3杯または6杯でただそのまま飲むと言うやり方と2.3杯飲む人は料理に普通に使うと言う方法で生活の大幅な改善が見られたと言う実際のビデオを見ました。一軒のみならず,今じゃ沢山のドクターが推奨していて、ダイエットにも利くので大きな体格の多いアメリカでは国上げての問題なぼで効果の結果を取り上げています。学校給食やマクドナルド社の朝食にもココナッツ入りのメニューに入れるなど動き出しています。お望みなら英語でが読まれますか?私の効果を上げる方法は直接飲む方法、怪我をしたところに直接刷り込むと本と再生するのが速いのにぴっくりしています。ドクターも直接オイルを飲む方法を推奨していました。もちろん料理もOKですが。 時間がかかっても頑張って続けていかれることをお勧めします。是非頑張ってください! 私は5キロ体重が落ちちょっと上がりかけていたコレステロール値がとても低くなり血圧も正常です。ちなみに歳は46歳です。私の父は81さいで物忘れがひどい時があるようなので母にココナッツオイルを勧めて送ってあげました。ご主人の状態が少しずつでも改善されていくことをおいのりしています。 敬子

長いですが・・・要約すると、

本場、アメリカでも数々のドクターがオススメしているという内容です。

またココナッツオイルでアルツハイマーの患者が劇的な改善が見られたという内容です。

 

今、ココナッツオイルは日本だけでなくアメリカをはじめ国外からアルツハイマーに劇的な効果を発揮すると注目が集まっています!

 

順天堂大学の白澤教授の話では、毎日朝昼晩の3回に大さじ2杯半のココナッツオイルを摂取することで、2か月後、会話能力が向上し、乏しかった表情に生気が戻るなどの改善がみられ、現在も認知障害の進行を食い止めることに成功しているとのことです。

 

ココナッツオイルの効果、物凄いです!

 

そもそも、アルツハイマーの原因理由となぜ、ココナッツオイルが効果的なのか?

「ココナッツオイル」がアルツハイマー病予防に有効?

アルツハイマー病の原因は、脳の神経細胞の障害。神経細胞は、「グルコース(ブドウ糖)」をエネルギー源としますが、アルツハイマー病になると、グルコースを使えず、脳が“ガス欠”状態に。そのとき、神経細胞のもうひとつのエネルギー源となるのが、“中鎖脂肪酸”が肝臓で分解されてできる「ケトン体」なのです。その「ケトン体」を作る “中鎖脂肪酸”がココナッツオイルには約60%も含まれており、アルツハイマー病の救世主として注目されているのです。「ケトン体」が脳の神経細胞に供給されなくなると、たちまち認知障害の症状がでてしまうため、摂取し続けなければなりません。ココナッツオイルの含有量には劣りますが、牛乳、母乳、パームオイル、ココナッツミルクにも“中鎖脂肪酸”が含まれています。

ダ・ヴィンチNEWSより引用

http://ddnavi.com/news/181522/

 

 つまり、ココナッツオイルを摂取し続けないとその効果は発揮されないということですねー・・・。残念ですが。

 

しかし、摂取し続けないと効果は持続しないわけです。

さて、ココナッツオイルの食べる量ですが、1日大さじ4~6杯を2回から4回に分けて摂取しましょう。

 

食べるだけという・・・

結構、簡単な改善法なのでやってみる価値ありです!