Team slow Life

自分の悩みや経験談も交えながら美容・健康情報を紹介していきます。

アルツハイマー病・認知症・うつ病に効くえごま油!林修の今でしょ!講座で紹介!

Advertisement

http://www.flickr.com/photos/57768536@N05/15377205533

photo by Theen ...

今、ブームとなっている油。

えごま油やココナッツオイルや亜麻仁油など様々ですよね!

林修の今でしょ!講座で健康油の特集がありました。

そこで、今回は林修の今でしょ!講座で紹介されたえごま油についてご紹介したいと思います。

 なぜ?アルツハイマー病・認知症にえごま油が効くの?

http://www.flickr.com/photos/73767885@N00/9085311239

photo by Sorin Mutu

えごま油は縄文時代から食用として食べられてきました。

えごま油は無味無臭でサラサラした感じなのが特徴です。

 

さて、このえごま油がどうして、アルツハイマー病・認知症に効くのでしょうか?

日本でも460万人もいるといわれるアルツハイマー病・認知症。

アルツハイマー病・認知症の発症の原因ですが・・・、

実は18歳頃から始まっていると言われています。

アルツハイマー病・認知症は、歳を取ったりストレスがかかってくれると細胞が死んでしまいます。。ちなみに脳の神経細胞は復活しません。

この脳の神経細胞が死んでしまい、脳の働きが低下してしまうため、

アルツハイマー病・認知症は起こってしまうと言われています。

 

では、どうしてこのえごま油がアルツハイマー病・認知症に聞くと言われているのでしょうか?

えごま油に含まれているαリノレン酸に理由があるのです。

αリノレン酸は摂取するとEPA・DHAという物質に変化します。

このEPA・DHAという物質は、なんと弱った神経細胞の働きを助けるのです。

そのため、神経細胞が死滅しにくくなり・・・、

えごま油はアルツハイマー病・認知症の予防としても進行を妨げるのにも非常に効果的なのです。

 

さらにえごま油は・・・、うつ病にも効果的です!

うつ病になるとやる気を司る神経細胞の働きが弱ります。

しかし、えごま油を取ることでこの神経細胞の働きを活発にさせるのです。

すると幸福感やモチベーションもアップしやすくて、

やる気が落ちている人に非常に有効的と言われています。

 

番組の内容は後でしっかりとまとめるつもりですが・・・、

とりあえず、書いてみました。

 

また番組の内容をまとめたものを記載したいと思いますので

楽しみにしていてください。